ウインナーとソーセージの違いとは何か?

ウインナーソーセージ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

毎朝魚肉ソーセージを食べている男です。

朝食べていて、ふと疑問に思ったのですが。

ソーセージとウインナーは何が違うんだろうか?と。

ウインナーはソーセージの一種です。

オーストリアのウイーンが発症のソーセージなのでウインナー(ドイツ語表記:Wiener)。

なのでウインナーはウインナーソーセージの略称ということになります。

日本語に訳すと「Wiener Sausage=ウイーンのソーセージ」です。

余談ながらウインナーコーヒーというのもウイーン発祥なので「ウイーンのコーヒー」という意味です。

フランクフルトもソーセージの一種で、ドイツにある都市フランクフルトから由来しています。
(ドイツにフランクフルトという都市が二か所ありますが、ここではフランクフルト・アム・マインの方)

ほかにボロニアソーセージというものあるのですが、今回調べてみてはじめて知りました。

これもイタリアにある都市ボローニャからきています。

三種類のソーセージの違いは以下のとおり。

ウインナーソーセージ羊腸に詰めて加工
フランクフルトソーセージ豚腸に詰めて加工
ボロニアソーセージ牛腸に詰めて加工

それぞれ違う動物の腸の皮に肉詰めしていますが、共通点はどちらもビールと相性がバツグンということでしょう。

コメントをどうぞ

トップへ戻る