宮城県の難しい地名について調べてみた

宮城県 難読地名
この記事は約1分で読めます。

こんにちは。

日本の47都道府県にある難しい地名を調べた記事のシリーズです。

今回は宮城県にある読み方が難しい地名について書いていきます。

石巻市(いしのまきし)と花巻市(はなまきし)ではどちらが間に「の」が入るか迷うことがあるので、覚えておきたいものです。

天炉(あまほど)
覆盆子原(いちごはら)
筆甫(ひっぽ)
四重麦(よえむぎ)
鹿島台大迫(かしまだいおおばさま)
三本木桑折(さんぼんぎこおり)
古川上埣(ふるかわかみぞね)
古川李埣(ふるかわすもぞね)
古川楡木(ふるかわたまのき)
十八成浜(くぐなりはま)
長渡浜(ふたわたしはま)
指ケ浜(さしのはま)
刈田郡(かったぐん)
七ヶ宿町(しちかしゅくまち)
色麻町(しかまちょう)
清水目(すずのめ)
西風(ならい)
一迫町(いちはさまちょう)
金成町(かんなりちょう)
柧木沢(はぬきざわ)
猿飛来(さっぴらい)
八樟(やつくぬぎ)
仰ケ返り(むけがえり)
左足(こえだて)
高清水忽滑沢(たかしみずぬかりさわ)
阿霄月(あよいづき)
唐桑町鮪立(からくらちょうしびたち)
小々汐(こごしお)
瘻槻(こぶつき)
本吉町幣掛(もとよしちょうぬさかけ)

コメントをどうぞ

トップへ戻る