だし巻き卵にアレを混ぜるとおいしさアップする作り方

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

料理をしている人なら、だし巻き卵を作った経験があるかと思います。

私も普段は料理をするわけではないですが、カレーを作る時は私が担当しています。

すっかりカレー担当になってしまいました(笑)

ちょっとだし巻き卵の話題からずれましたが…

テレビ東京系「ありえへん∞世界」を視聴していたら、
だし巻き卵にあるものを混ぜるだけで高級料亭の味になる裏ワザを紹介していました。

実はコンビニで売られているおでんのだし汁を混ぜるとおいしくなるのです。
では、どのようにして作っていくのか?
これから紹介していきます。

スーパーで売られている安い卵(番組では1パック109円の商品)を購入します。
3つボウルに入れてうすくち醤油と砂糖を加えかき混ぜます。

次にコンビニで売られているおでんのだし汁を加えます。

普通にだし巻き卵を作る時と同じようにして焼いていき、完成です。

番組で紹介していたのはここまでですが、
次は我が家で実践しているだし巻き卵の作り方について紹介します。

おでんのだし汁以外でもオススメ!煎り酒を使ってみる
作り方は基本同じです。

ただ、さきほどのおでんのだし汁ではなく煎り酒を混ぜています。

煎り酒とは?
室町時代後期ごろ考案されたといわれる調味料。
日本酒に梅干しなどを入れて煮詰めたもの。</blockquote>
家族が「煎り酒はオススメ」と言ってたのをきっかけに使うようになりました。
白身魚の刺し身にも合うのでぜひ使ってみてください。

一般的な食品スーパーでは取り扱っていないと思います。
イオンなどの大型ショッピングセンターもしくは、百貨店ならあるかも…。

ネットでも販売しているのでそちらの方が手っ取り早いかもしれません。
親しい人や親戚などにプレゼントすると喜ばれるでしょう。
http://www.ginza-mikawaya.jp/
まとめ
お手軽な料理なだけについ見落としていた事だったかもしれません。
ちょっとした工夫で料理の表現の幅が広がるということですね。
一度試してみてはいかがでしょうか?

コメント

トップへ戻る