北海道の読むのが難しい地名を調べてみた

北海道
この記事は約1分で読めます。

こんにちは。

日本には読めそうで読めない地名が数多くあります。

今回は北海道にある難読地名について取り上げました。

北海道は世界で21番目に大きい島としても知られています。

ちなみに日本の本州は世界で7番目に大きい島です。

北海道の名物には、タラバガニ・ししゃも・ラーメン(旭川、札幌、函館・釧路・帯広)・いくら・松前漬・夕張メロン・じゃがいも・シャケなど数多くあります。

留萌(るもい)
胆振(いぶり)
留寿都(るすつ)
厚岸(あっけし)
和寒(わっさむ)
音威子府(おといねっぷ)
訓子府(くんねっぷ)
後志(しりべし)
妹背牛(もせうし)
足寄(あしょろ)
単冠(ひとかっぷ)
占冠(しむかっぷ)
興部(おこっぺ)
老者舞(おしゃまっぷ)
白人(ちろっと)
長万部(おしゃまんべ)

この他にも数多くの読み方が難しい地名があります。

北海道の地名の多くはアイヌ語が語源になっていて、漢字で当て字にしているためなかなか分かりにくいのだと思います。

コメントをどうぞ

トップへ戻る