多田素久医師がスカート内を盗撮・2013年以来二度目の逮捕

医師
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。

千葉県袖ケ浦市にある社会医療法人社団さつき会袖ケ浦さつき台病院の医師・多田素久(ただ もとひさ,46,千葉市美浜区在住)がJR内房線の電車内で女子高生のスカート内をタブレット端末で盗撮したとして逮捕されました。

スマートフォンによる盗撮が主流となっているなか、タブレット端末を使うというまれなケースです。

しかし、今回が初犯ではなく前科があることを発見しました。

スポンサーリンク

多田素久とは

出身:徳島県
住所:千葉県千葉市在住(のちに引っ越し?)
学歴:開成高校、千葉大学医学部卒業。
過去の勤務地:東京大学医学部附属病院(2005〜2009年)、千葉大学医学部附属病院、社会医療法人社団さつき会袖ケ浦さつき台病院、川口さくら病院
専門:内科・心療内科・精神科
既婚者

医師登録したのが平成9年。

平成25年9月から袖ケ浦さつき台病院に勤務。

名前を検索すると、さまざまなブログを開設していて同姓同名の別人なのか?とも思えるのですが、なんともうさんくさい内容です。

過去にフェイスブックのアカウントも存在していましたが削除されています。

2018年6月22日時点では日本消化器病学会・日本内科学会の埼玉支部に所属していました。(現在は削除)

2018年7月13日時点では埼玉県川口市にある川口さくら病院に勤務。
2019年2月28日時点では東京都江戸川区の篠崎駅前クリニックに勤務。(2018年11月21日時点)

過去に平成26年3月から6月まで医業停止処分を受けていた

2013年7月31日に千葉市にある千葉都市モノレール千葉駅の上りエレベーター下から女子高生のスカート内をスマートフォンで盗撮して逮捕されていました。

事件の後、医業停止処分を受けたのが平成26年3月13日(木)から6月12日(木)まで。(医業停止3ヶ月)

千葉簡易裁判所より千葉県迷惑防止条例違反で略式起訴(罰金30万円の略式命令)された。

こちらが当時の画像です。

当時の勤務先は千葉大学医学部附属病院で、犯行時は酒に酔っていたのです。

この時に一緒にいた女子高生の友人たちが多田素久容疑者を追いかけ、取り押さえたといいます。
(逮捕当時は41歳で、助教という肩書でした)

当時の事件についてYahoo!知恵袋でも相談が寄せられていました。

逮捕された医師が病院にいたらその病院には行かないほうがいいですか?千葉大学病院の医者がスマホで女子高生を盗撮しました。、 - 女子高生の... - Yahoo!知恵袋
逮捕された医師が病院にいたらその病院には行かないほうがいいですか?千葉大学病院の医者がスマホで女子高生を盗撮しました。、 女子高生のスカート内盗撮、千葉大病院医師を逮捕生徒ら取り押さえ2013.8.110:29産経新聞千葉中央署は7月31日、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、千葉市美浜区、千葉大病院の医師、多田素久容...

千葉大学では医学部含め、過去に不祥事が多数ありました。

多田素久の音声

ほかに調べてみると、多田素久容疑者の姿が映っている動画を発見しました。

一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会
一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の公式サイトです。

2016年に東京で開催された「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」に参加したさいの動画です。

この中では同じ袖ケ浦さつき台病院に勤務する同僚の方たちに混じってインタビューに答えています。
(同僚の方たちは多田容疑者の過去について知っていたのでしょうか?)

インタビュー内容を観ても、普通に参加したことの感想を話しているのですが。

※追記(2018.3.11)
事件のその後について調べてみました。

2017年12月27日に木更津区検察庁より木更津簡易裁判所にて千葉県迷惑防止条例違反で略式起訴(罰金50万円の略式命令)されていました。

勤務していた病院も退職しています。

コメントをどうぞ

トップへ戻る