前泊祥太ら三人が証券運用で女性から500万円詐取

お金
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。

前泊祥太(33)ら三人が女性に証券運用の話を持ちかけ、現金500万円をだまし取っていた事件が発生しました。

2018年に神奈川県内で発生した同様の手口による被害が75件確認されていて、被害総額は10億円に達するとみられています。

逮捕されたのは次のとおり。

前泊祥太(33)静岡市在住
篠原巧実(24)
六波羅悟(43)
- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

事件は2018年7月から8月に発生。

前泊容疑者ら三人は信託銀行の行員になりすまして横浜市内に住む女性に電話で「こちらの地区にお住まいの住人を対象に証券が売り出されているので、当行で運用していいですか」「女性の名義で証券を購入してトラブルになり、解決するには500万円が必要」などと話を持ちかけ、現金500万円をだまし取ったのです。

前泊容疑者は静岡市から新幹線に乗って現金の受取に向かっていたもようです。

スポンサーリンク

前泊祥太とは

フェイスブックアカウントがあるのかと探してみたのですが、発見できませんでした。

篠原巧実とは

前泊容疑者同様にフェイスブックやツイッターなどのアカウントが特定できませんでした。

ただ、本人と思われるアカウントを見つけましたが、断定はできないので取り上げません。

六波羅悟とは

他の二人と同様にSNSアカウントの特定はできませんでした。

コメントをどうぞ

トップへ戻る