カシオ元部長が横領!誰の仕業?11年前にも発覚していた

横領
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。

カシオの元部長が会社の金を横領した事件が発覚しました。

2016年6月に内部告発によって明るみに出ました。

横領は2007年から15年にかけて行われ、その金額は4億4000万円といわれています。

取引先(名前は不明ですが、カシオの取引先は537社あります。)の取締役(当時)と共謀して犯行に及んだのですが、試作品を架空に発注してその金額(380万円)を自分の懐に入れていたのです。

スポンサーリンク

逮捕された元部長は柏木達雄

※追記(2018.11.27)
これまで犯人の名前が分からずじまいでしたが、2018年11月27日に明らかになりました。

カシオ元部長の柏木達雄が詐欺の疑いで逮捕されました。

なぜ名前を明かさない?

ところが名前が明らかにされず、元部長という呼称だったのが気になりました。

そこで元部長とは誰なのかを調べてみました。

今のところ判明しているのは50代後半開発部門の元部長ということだけです。

カシオのホームページに

301 Moved Permanently

当社元従業員による不正行為についてが掲載されていました。

やはり名前が明らかにされていませんでした。

現在はカシオの従業員ではないとはいえ、名前を出すべきだと思うのは私だけではないでしょう。

ただ、ネットでは羽村市にある羽村技術センターが怪しい、という情報がありました。
(あくまで憶測の域を出ませんが)

また、こちらにも気になる情報が。

きゃらものPOSER よそ様に迷惑な禁煙令
POSERとHexagon中心の3DCG製作やフリーの自作データの紹介です。

読んでみると一見関係なさそうな内容に思えますが、読み進めてみると妙なことが書かれてました。

気になる人事発表

カシオは2月1日に役員人事を発表しており、新たな部門が新設されていました。

コンシューマ開発本部とCES事業部のふたつです。

元部長の逮捕に近いタイミングでの改変には何か組織ぐるみで隠蔽しているのでは?という疑いが感じられますね。

2016年末に懲戒解雇処分を下してからあわてて組織改編に動いたと見るべきでしょうか。

名前を変更してしまうことで元の所属先を分かりにくくさせるのが狙いだったのかもしれません。

横領のことを知っていた?

ほかにネットでは創業者一族や関係者から極秘で聞いていて3年前から知っていたという発言をしている人がいました。

2005年にも元次長による不祥事あり

調べていたら何と12年前の2005年にも不正流用事件がありました。

6952:カシオ計算機 横領事件、元次長に懲役4年: 黒い四季報
カシオ計算機(本社・東京)の元資金部次長の佐世(さよ)修被告(54)が会社の運用資金約17億円を着服したとして業務上横領の罪に問われた裁判で、東京地裁(毛利晴光裁判官)は13日、懲役4年(求刑・懲役7年)の実刑判決を言い渡した。  判決によると、佐世被告は98年5月、カシオが米国の銀行に預けていた1323万ドル(約1...

カシオ計算機 横領事件、元次長に懲役4年と題されたブログ記事に書かれていました。

金額は116億円にも上りました。

その犯人というのは元資金部次長の佐世(さよ)修被告(54※当時の年齢)でした。

過去にも不祥事が発覚したのに教訓が生かされていなかったということになりますね。

柏木達雄とは

元部長の柏木達雄(61)は東京都大田区田園調布に在住。

横領した金額の一部を高級クラブで使用するなど遊興費に使ったといいます。

事件の流れ
2007〜2015年 会社の金を4億4000万円を不正流用(社内の内部告発にて発覚)
2015年3月ごろ 取引先に架空の商品を発注し、380万円詐取
2016年12月 懲戒解雇

まとめ

企業による不祥事は過去に幾度となく明るみに出ました。

一番の被害者は会社を頼りにしていた従業員ではないでしょうか。

何か事件が発生すると従業員は世間から白い目で見られることになります。

すると今までの生活が一変して人生を狂わさせる可能性も出てきます。

当事者はそういったことを一度でも考えたことがあるのでしょうか。

コメント

トップへ戻る